教育ポリシー

博士課程前期2年の課程

ディプロマ・ポリシー

東北大学工学研究科では、所定の期間在学し、工学研究科の教育目的及び教育目標に沿って設定された授業科目を履修して、所定の単位以上を修得し、高い倫理観と責任感、そして以下の知識と能力を身につけた上で、修士論文または特定の課題についての研究成果の審査及び最終試験に合格した学生に対して、修士(工学)の学位を授与する。

  • 研究課題の本質を理解し探究できる幅広い基礎知識と基礎学力
  • 専門分野に関する深い知識
  • 専門分野に関連した学際的知識
  • 異なる専門分野の知識の統合によるシステム設計能力
  • 研究の課題設定と課題解決能力
  • 研究の高度な実践能力と応用展開能力
  • 研究の遂行に必要な語学力
  • 研究指導または技術指導のための基本的能力
カリキュラム・ポリシー

東北大学工学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した知識と能力を学生が身につけることができるよう、以下の方針に沿って教育を行う。

  • 研究課題の本質を理解し、研究を遂行、展開するために必要な幅広い基礎知識、高度な専門知識及び専門分野に関連した学際的知識を修得させる。
  • 研究課題に対する高度な実践能力、その研究課題を独自の発想によって展開できる能力を育成する。
  • 研究の遂行及び研究成果を発表するのに必要な語学力を育成する。

博士課程後期3年の課程

ディプロマ・ポリシー

東北大学工学研究科では、所定の期間在学し、工学研究科の教育目的及び教育目標に沿って設定された授業科目を履修して、所定の単位以上を修得し、高い倫理観と責任感、そして以下の知識と能力を身につけた上で、博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に対して、博士(工学)の学位を授与する。

  • 社会的要請を踏まえた俯瞰的視野に立って研究課題を開拓し、研究を実践する能力
  • 独自の発想による課題解決能力
  • 他分野に応用できる思考能力
  • 国際学会等で発表するに十分な語学力・論文執筆能力・ディベート力・コミュニケーション能力
  • 研究指導を行う能力
  • 研究またはプロジェクトをマネジメントする基本的能力
カリキュラム・ポリシー

東北大学工学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した知識と能力を学生が身につけることができるよう、以下の方針に沿って教育を行う。

  • 社会的・国際的要請を踏まえた俯瞰的視野に立って研究課題を開拓し、研究を実践する能力、その研究課題を独自の発想によって展開し、国際水準の論文として纏めることができる能力、さらにこれらを通じて他分野にも応用展開できる思考能力を育成する。
  • 研究成果を国際学会等で発表かつ討論するに十分な語学力・ディベート力・コミュニケーション能力を育成する。
  • 専門分野において研究指導を行うことができる能力を育成する。
教育

教育