大学院|専攻紹介

応用化学専攻

応用化学専攻とは

 化学・バイオ工学を構成する応用化学専攻は、化学および化学関連技術を中心に科学技術の革新を担い、人類の福祉、地球環境保全に貢献できる、創造性豊かな人材の育成を目指しています。
 大学院においては化学技術を応用することで、原子・分子レベルで物質構造を解析し、分子設計に基づく高機能物質、新素材の合成や高感度分析法を開発。さらには、資源・エネルギー化学、環境保全技術などに関する研究を行っています。

大学院
関連リンク
TOPICS