大学院|専攻紹介

バイオ工学専攻

バイオ工学専攻とは

 バイオ工学専攻では、生物のもつ精緻な機能を工学の立場からとらえ、人類に役立つ技術に発展させることを目的としています。広い視野に立ち、人の“健康”と“安全”に積極的に貢献できる人材を育みたいと考え、知識と経験が無理なく身につくカリキュラム構成を意識しています。
 本専攻においては、将来バイオ分野で活躍できることを目指し、遺伝子、タンパク質、糖鎖、生体膜、有機分子などに関して講義。さらに、微生物、酵素、抗体などが働く仕組み、生体情報・エネルギーの伝達や免疫応答の機作を学ぶことにより、高度で実践的なバイオ技術を修得します。

大学院
関連リンク
TOPICS