大学院|専攻紹介

技術社会システム専攻

技術社会システム専攻とは

 東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻は、平成14年度の発足以来、工学と社会システムの融合領域を対象にして他の専攻とは異なる特徴的な教育・研究を行っています。
 工学技術の社会応用を考える際に重要な「知的財産」や「技術経営」に関する経営工学の観点からの基礎教育に加えて、工学と技術に関わる現代社会の複雑な諸問題を系統立てて分析し、その解決策を総合的な視点から生み出す考え方と方法を教育・研究しています。技術社会システム専攻において教育・研究の対象とする具体的なシステムとしては、エネルギーシステム、先進半導体デバイス、ネットワークシステム、リスク管理など、個別の技術だけではなく俯瞰的な視点で社会システムを捉えている点に大きな特徴があります。このように技術社会システム専攻は、新たな学問分野の開拓と学理構築を目標に掲げ、常に工学のフロンティアの拡充を目指しています。

過去から未来、東北大学が選ばれる理由

 技術社会システム専攻においては、従来の個別技術の発展という視点のみならず、技術進歩の理論、技術と経営の関係、イノベーションと経済の関係等の、複合領域における教育・研究を主眼としています。本専攻は、社会における工学・技術に関する諸問題の解決策を、新技術の発明・開発というアプローチにより生み出せる技術者や研究者だけでなく、社会・環境への影響を念頭に置きながら社会基盤システムを運用・設計できる技術者や研究者の養成を目的としています。さらに、幅広い専門知識を必要とする技術開発プロジェクトを推進するための組織を形成・運営できる技術者や研究者の養成も本専攻のミッションです。

大学院
関連リンク
TOPICS