大学院|専攻紹介

知能デバイス材料学専攻

知能デバイス材料学専攻とは

 知能デバイス材料学専攻では、物性が生まれる仕組みを理解し、電子デバイス、磁気デバイス、エネルギー変換デバイスなどの基礎と応用を学び、次世代を見通した機能性材料とデバイス技術の開発を目指します。
 具体的には、高度情報処理のためのスピントロニクス材料、エネルギー変換に用いられる高性能な永久磁石材料、電池材料、耐熱材料の開発を行い、材料の物理的・化学的性質を追求した先にある技術を研究していきます。

大学院
関連リンク
TOPICS