大学院|専攻紹介

量子エネルギー工学専攻

量子エネルギー工学専攻とは

 量子エネルギー工学では、電子・原子核・原子といった量子レベルの構成単位についての理解を深め、物質との相互作用を理解し、量子レベルの現象とその応用(医療診断・新素材開発等)について学びます。さらに、原子核反応によって生成されるエネルギーを制御して有効に利用している核分裂炉/核融合炉の原理・仕組みについて理解します。すなわち、量子エネルギー工学では、量子レベルの現象を応用までに繋ぐ複数の学問を融合した総合工学について学びます。

過去から未来、東北大学が選ばれる理由

 東北大学の量子エネルギー工学専攻では、特に、核融合炉の開発、原子力発電所等の大規模システムの安全性の向上、医療や環境分野への放射線の高度利用、原子燃料サイクルの高度化、福島第一原子力発電所事故からの復興、放射性廃棄物の処理・処分技術の高度化と環境影響評価、および、保全工学の高度化についての高い実績があり、国内外から注目が集まっています。

大学院
関連リンク
TOPICS