• HOME
  • 教育
  • ソフトウェアライセンス提供サービス

ソフトウェアライセンス提供サービス

青葉山LabVIEWの工学部ライセンスについて

東北大学工学部では、平成27年3月末より4年間の予定でナショナルインスツルメント社のLabVIEWライセンス(サイトライセンス)を取得しました。利用を希望する方は、下記の内容を確認のうえ、別途登録をしていただくことで利用が可能となります。

<利用対象範囲>
  1. 適用キャンパス
    東北大学青葉山キャンパス
  2. ライセンス適用可能な研究科および学部
    ・工学研究科および工学系研究科(工学研究科、情報科学研究科、環境科学研究科、医工学研究科)
    ・工学部
  3. ライセンス利用可能な対象者
    上記1と2の条件を満たす東北大学の学生/教職員(非常勤を含む)
(注)
  • 上記条件を満たし、青葉山キャンパス内にある機器で使用可能
  • 他キャンパス内にある機器にインストールすることは対象外
    (ただし、実行可能形式で保存されたexeファイル等は上記以外でも実行可能)
<LabVIEW利用方法>

ソフトウェアをダウンロード後に、シリアル番号を利用してライセンスをアクティベーションして下さい。

  1. ソフトウェアのダウンロード
    ソフトウェアは、下記のリンクよりダウンロードが可能です。
    http://www.ni.com/academic/download.htm
  2. ライセンスのアクティベーション
    http://www.ni.com/license/ja/product_activation.htm
  3. シリアル番号の入手方法
    申し込み用紙をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、電子メールにて工学教育院(e-mail:eng-edu@grp.tohoku.ac.jp(◎を@に置き換えてください))に申請してください。
    申し込み用紙
*研究室に配属されている学生は、研究室の教員を通して申請してください。
*研究室に配属される前の学生は、個人で申請してください。
(重要)発行されたシリアル番号は各人が責任をもって管理してください。第三者に教えることは厳禁です。
(注)上記の方法でインストールできない場合は工学教育院にご相談ください。直接インストール可能なメディアをお貸しします。
<よくある質問>
  • Q1 青葉山キャンパスの工学部以外の設備でLabVIEWを利用できますか?
  • A1 いいえ、青葉山キャンパスの工学部以外の設備でLabVIEWを利用できません。
    ただし、LabVIEWライセンスのプログラムをEXEファイル作成または、インストーラーを作成して頂ければアプリケーションを学外に持ち出して利用可能です。
  • Q2 LabVIEWライセンスは利用するのに費用はかかりますか?
  • A2 いいえ、工学部にて負担されているので特に費用はかかりません。
  • Q3 LabVIEWに関して技術サポートを受けることは可能ですか?
  • A3 はい、ナショナルインスツルメンツから技術サポートを受ける事が可能です。
<ナショナルインスツルメンツ問い合わせ先>
電話番号:0120-527-196
HP:http://www.ni.com/support/ja/
教育

教育