再入国許可を有する外国人留学生等の再入国手続きについて

令和2年8月28日、日本国政府は、8月31日までに再入国許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した在留資格保持者で所定の手続を経た者に対し、出国日に拘わらず、9月1日(本邦到着分)以降の再入国を認めることを決定しました。

再入国に際しては、滞在国に所在する日本国大使館/総領事館/領事事務所(以下、「在外公館」という。)において「再入国関連書類提出確認書(以下、「確認書」という。)」の発給を受けるとともに、滞在先の国・地域を出国する前72時間以内に新型コロナウイルス感染症に関する検査を受けた上で、医療機関からの陰性の証明(「出国前検査証明」)を取得する必要があります。必要な手続・書類等は こちら をご覧ください。

東北大学に所属する留学生の皆さんは、再入国に際して指導教員(または、教務担当教職員)と連絡を密にとり、現状を報告してください。また、大学へ下記のとおり書類提出・報告をお願いします。

  • 1. 再入国が決まったら下記書類を提出してください。
    1)再入国届け(本大学様式)・・・日本語版
    2)再入国日が分かる書類(例:再入国確認書交付申請書、航空機Eチケットなど)
    3)到着空港が東京で経過観察場所が仙台の場合、移動方法が分かる書類
    (例:コロナ対応タクシー、レンタカーの申し込みメールなど)
    【重要】経過観察期間中、電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使用しないでください。また、学生同士の車の乗り合いを避けて下さい。
  • 2. 再入国後、到着空港でのPCR検査結果を連絡してください。
  • 3. 経過観察期間(2週間)終了後、仙台に戻ってきたことを報告してください。(仙台で経過観察を行った方を除く)

(参考)

留学・国際交流

留学・国際交流

ページの先頭へ