• HOME
  • ニュース
  • 電気エネルギーシステム専攻の山口正洋教授がIEC1906賞の受賞者として表彰されました

電気エネルギーシステム専攻の山口正洋教授がIEC1906賞の受賞者として表彰されました

2018/10/04

経済産業省は、工業製品の標準化推進活動に優れた功績者を表彰する「工業標準化事業表彰」と、国際電気標準会議(IEC)によるIEC1906賞(*)の受賞者の表彰を、毎年10月の「工業標準化推進月間」に合わせて実施しています。
平成30年度の表彰式が10月2日(火曜日)に都市センターホテル(東京都千代田区)で開催され、電気エネルギーシステム専攻の山口正洋教授がIEC1906賞の受賞者として表彰されました。山口教授は、TC51/WG10のエキスパートとして、IEC62333ノイズ抑制シートの特性測定法に関するTechnical Report(TR)等への貢献により表彰を受けました。

詳細URL: 経済産業省ニュースリリース
関連URL: 山口研究室Web

(*)IEC1906賞は、International Electrotechnical Commissions (IEC)が行う、電気・電子技術の標準化活動に大きく貢献した個人に対する表彰です。2018年の日本での受賞者は31名、本学の受賞者は1名となっています。

【問い合わせ先】
山口正洋
Tel:022-795-7077
E-mail: yamaguti*ecei.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

ニュース

ニュース

ページの先頭へ