• HOME
  • ニュース
  • 仙台二華中学校自然科学部が創造工学センターを訪問

仙台二華中学校自然科学部が創造工学センターを訪問

2019/09/12

東北大学工学研究科・工学部創造工学センターは、2019年9月2日(月)、宮城県仙台二華中学校自然科学部の皆さんをお招きして、センターと工学部の研究室の見学会を開催しました。

2019年7月14日(日)に行われた『学都「仙台・宮城」サイエンスデイ2019』(主催:特定非営利活動法人 natural science)において、創造工学センターは宮城県仙台二華中学校自然科学部に対し、その出展の成果と熱意を高く評価し、サイエンスデイAWARD「東北大学工学研究科創造工学センター賞」を授与しました。この見学会は、同賞の副賞として企画・実施されたものです。

当日はあいにくの雨模様でしたが、27名の生徒と顧問教諭1名に参加いただきました。まず創造工学センターの成り立ちや工学部全般の説明を行った後、創造工学センターの運営に協力している研究室から3つの研究室を見学するラボツアーを実施しました。さらに創造工学センターを回って設備機器の見学を行いました。

生徒さんたちは、ラボツアーでは本学工学部で行われている世界最先端の研究に触れ、また大学独自の装置や建築物等を熱心に見学し、創造工学センター見学では各種工作機械や動作中の3Dプリンターなどに見入っていました。知識や知見を社会に生かす工学への理解を深め、工学における創造力の必要性を感じていただけました。

創造工学センターは、創作に関わる授業や活動の場を提供するとともに、科学・工学に関する情報発信等を通じた地域社会への貢献を今後も目指していきます。

ニュース

ニュース

ページの先頭へ