• HOME
  • ニュース
  • 電子工学専攻の二瓶健司君, 山口慶樹君 (金子・加藤研究室) が第11回プラズマエレクトロニクスインキュベーションホールにおいて優秀ポスター賞を受賞しました.

電子工学専攻の二瓶健司君, 山口慶樹君 (金子・加藤研究室) が第11回プラズマエレクトロニクスインキュベーションホールにおいて優秀ポスター賞を受賞しました.

2017/09/29

工学研究科 電子工学専攻 金子・加藤研究室修士1年の二瓶健司君, 山口慶樹君が,第11回プラズマエレクトロニクスインキュベーションホール(2017年8月24日~8月26日開催) において,『優秀ポスター賞』を受賞しました.

この賞は, 応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会が主催するポスターセッションにおいて, 優秀なポスター発表をした若手研究者に贈られる賞で, 二瓶君は「プラズマ照射溶液直接噴霧装置の開発と特性評価」,山口君は「原子層物質を用いた透明フレキシブル太陽電池の開発」のタイトルで発表し,それぞれプラズマを用いたライフサイエンスおよびナノ材料科学への応用研究に関する発表が評価され今回の受賞に至りました.

ニュース

ニュース