• HOME
  • ニュース
  • 電磁波工学分野(陳研究室)の佐藤弘康助教らが2017 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2017)でThe 1th Place of the Best Paper Awardを受賞しました。

電磁波工学分野(陳研究室)の佐藤弘康助教らが2017 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2017)でThe 1th Place of the Best Paper Awardを受賞しました。

2017/11/06

電磁波工学分野(陳研究室)の佐藤弘康助教,藤井直道君(博士前期課程2年),陳強教授らが、2017年10月30日-11月2日にタイのプーケットで開催されたInternational Symposium on Antennas and Propagation(ISAP) 2017でThe 1th Place of the Best Paper Awardを受賞しました.

ISAPはアンテナ・伝播分野において約50年もの歴史を有しており,世界3大国際会議の1つです.今年の会議では400件以上の論文が発表されており,その中から最も革新的で挑戦的な3 編の論文がBest Paper Awardに選出されました.さらにそれらの表彰論文の中で,本論文はThe First Placeに選ばれました.

本表彰論文は「Dipole Antenna with Sheath-Cover For Seawater Use」という題目で,千葉大学,新潟大学及び海洋研究開発機構との共同研究の成果をまとめたものです.

【参考URL】
ISAP2017 WEBページ
http://www.isap2017.org

【問合せ先】
陳研究室 助教 佐藤 弘康
TEL:022-795-7096

ニュース

ニュース