• HOME
  • ニュース
  • 電子工学専攻の修士2年 武田理紗さん(藤掛・石鍋研究室)が、電気学会電子デバイス技術委員会から技術委員会奨励賞を受賞しました。

電子工学専攻の修士2年 武田理紗さん(藤掛・石鍋研究室)が、電気学会電子デバイス技術委員会から技術委員会奨励賞を受賞しました。

2017/11/30

電子工学専攻修士課程2年の武田理紗さん(藤掛・石鍋研究室)が、電気学会電子・情報・システム部門技術委員会から、技術委員会奨励賞を受賞しました。

この賞は、電気学会技術委員会の研究会で優れた論文を発表して、研究会の活性化に貢献した若手研究者に授与されるものです。
今回、分子配向を伴う液晶溶媒と光配向膜を用いて、結晶軸方位が 制御された高移動度有機半導体の薄膜形成を可能にした研究成果が評価されて受賞に至りました。
発表題目は、以下のとおりです。

【発表題目】
「光配向膜と液晶溶媒を用いた有機半導体単結晶成長」(2016年1月29日発表)


[受賞日:平成29年3月31日、賞状授与日:平成29年11月29日]

【お問い合わせ先】
工学研究科電子工学専攻 教授 藤掛英夫
電話:022-795-7117
E-mail: fujikake◎ecei.tohoku.ac.jp(◎を@に置き換えてください)
研究室URL:http://www.ecei.tohoku.ac.jp/fujikake/index.htm

ニュース

ニュース