小型地球観測衛星「雷神2」の打上げ日が決まりました

2014/03/19

東北大学と北海道大学が共同で開発してきた50kg級地球観測小型人工衛星「雷神2」の打ち上げ日が、平成26年5月24日に決まりました。 「雷神2」は、東日本大震災直後の平成23年6月3日にフライトモデル完成報告を行い、平成24年3月28日には宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「だいち2号」(ALOS-2)(陸域観測技術衛星2号)の副衛星として採択が決定しておりました。このほど、JAXAより「だいち2号」の打ち上げが平成26年5月24日になされることが公表され、東北大学より「雷神2」の搬出を4月上旬に行うことになりました。(搬出日については、決定次第再度ご案内いたします。)

つきましては、衛星に搭載するメッセージを広く一般より募集いたします。

なお、「雷神2」の開発においては、衛星システムの設計、製作、組立は東北大学が、高性能望遠カメラ、熱赤外線カメラなどの科学搭載機器は北海道大学が担当しました。

【小型地球観測衛星「雷神2」に搭載するメッセージを募集します。】
  • 衛星に搭載したいメッセージ(100字程度)と、応募者の氏名、性別、年齢をメールにて下記の専用アドレスにお送りください。
  • 応募されたメッセージはデジタルデータとして衛星に搭載されます。
  • 応募者の氏名は公表しません。 ・応募された個人情報は他の目的には使用いたしません。
  • 応募されたメッセージの一部は、「雷神2」の広報活動に使用する場合がありますのでご了承ください。
送信先:r2@astro.mech.tohoku.ac.jp
応募締切り:平成26年4月1日午前0時

【お問合せ】 東北大学工学研究科・工学部情報広報室
TEL/ FAX:022-795-5898 E-mail:eng-pr@eng.tohoku.ac.jp

ニュース

ニュース