研究企画室メンバー

長坂 徹也 研究企画センター長

経歴

東北大学大学院工学研究科金属工学専攻博士課程修了、工学博士。専門は材料プロセス工学、素材産業エコロジー学。東北大学工学部金属工学科助手、米国カーネギーメロン大学Research Associate、工学研究科金属工学専攻助教授、環境科学研究科ライフサイクル評価学分野教授を経て、工学研究科金属フロンティア工学専攻教授。工学研究科副研究科長(研究担当)併任。

ミッション

工学研究科と産業界、特に地元産業との組織的連携の推進、研究成果の戦略的な知財化と活用策の策定、競争的研究資金の獲得推進と研究成果の社会還元促進、等を担当。

研究者へのメッセージ

東北大学の最大部局である工学研究科が優れた成果を挙げ、社会に貢献することは、それがそのまま東北大のプレゼンス向上に直結します。研究科のアクティビティ向上に組織的に取り組みたいと思います。

久田 真 研究企画副センター長

経歴

京都大学工学部卒業。博士(工学)。専門はコンクリート工学・維持管理工学。株式会社鴻池組本社技術部、東京工業大学工学部土木工学科助手、新潟大学工学部建設学科助教授、独立行政法人土木研究所技術推進本部主任研究員、東北大学大学院工学研究科土木工学専攻准教授を経て、現職。

ミッション

地域連携担当の研究科長補佐として、社会的要請の高い課題を解決するために、産学官などが連携した研究、教育、技術開発ネットワークを創出し、東北の強みを活かしながら、世界と競合できる地域づくりを目指します。

研究者へのメッセージ

工学の最終目標は、開発された技術が実装され、世の中の役に立つことであると考えています。これを実現するために、地に足の着いた研究課題を見出し、企業等との共同研究等を通じて「強い東北」を実現しましょう。

伊藤 彰則 研究企画副センター長

経歴

東北大学大学院工学研究科情報工学専攻博士課程修了。工学博士。専門は音声信号処理、音声認識や音声合成などの音声情報処理、ヒューマンインタフェース。東北大学応用情報学研究センター助手、同情報処理教育センター助手、山形大学工学部助教授、工学研究科通信工学専攻准教授を経て、現在同教授。1998-1999米国ボストン大学客員研究員。

ミッション

IT、ネットワーク、AI、通信技術などの専門を生かしながら、大学の研究を社会につなげていくことが目標です。これらの急速に発達していく技術をうまく社会に還元し、東北大学のプレゼンスを上げていきます。

研究者へのメッセージ

東北大にはたくさんの研究者がおられますが、特に若手研究者のアクティビティを高めることが全体の活性化につながると信じています。ベテランも若手もともに楽しく第一線の研究ができるように勤めたいと思います。

池ノ上 芳章 特任教授/首席リサーチ・アドミニストレーター

経歴

東京大学大学院工学系研究科工業化学修士課程修了、1981年昭和電工株式会社入社、工学博士、専門は医薬品合成・高分子合成・蓄電デバイス・知財戦略・契約・IP訴訟対応等。この間、東京医科歯科大学医用器材研究所専攻生、米国UCSB校留学(2000年ノーベル化学賞のAlan J.Heeger教授、Fred Wudl教授に師事)。

ミッション

産学連携を通じ、地に足の付いた研究課題の発見や外部資金獲得策を含めた体制の構築、大型研究プロジェクト化に向けた横断型研究会推進のコーデイネート、URA体制構築等、研究企画等を担当

研究者へのメッセージ

時代の要請に即した、”東北大学の社会貢献”に向けた皆様の”研究使命”の取り組みと実現に向け、工学研究科の研究企画活動を通じて、自己の産業界における経験やチャンネルを活かしながら、最大限支援致します。

鎌田 貢 特任准教授/上席リサーチ・アドミニストレーター

経歴

中央大学理工学部土木工学科卒業。専門は建設マネジメント。国土交通省入省。2012年~2015年東京大学大学院情報学環特任研究員。2016年10月より現職。

ミッション

東北大学全学的に取り組んでいる「社会にインパクトある研究」の推進。地域の課題を解決するための産学官連携プラットフォームの構築・活動。研究成果の社会実装・事業化支援。外部資金獲得等を担当。

研究者へのメッセージ

道路,河川などのインフラ分野はこれからさらに老朽化が進行するため,大学の研究,技術を社会実装させながら,産学官が強力に連携して取り組むことが重要です。

武田 浩太郎 助教/リサーチ・アドミニストレーター

経歴

東北大学大学院理学研究科地学専攻博士課程修了。博士(理学)。東北大学大学院環境科学研究科環境政策技術マネジメントコース研究員、(独)物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点広報担当を経て、2013年より東北大学大学院工学研究科研究企画センター研究企画室助教。

ミッション

学内(外)の研究者のネットワークの形成支援、研究プロジェクトの企画のほか、国内外研究機関における研究施策・研究推進体制や研究動向の情報収集、学内における海外機関との共同研究体制構築支援、等を担当。

研究者へのメッセージ

時に研究者の伴走者として、時に研究者と学内外と繋ぐインターフェースとして、時に学内研究支援組織のハブとして、工学研究科の研究の活性化・推進に貢献していきたいと思います。

後藤 順一 特任教授(客員)

経歴

東北大学大学院薬学研究科修士課程修了、博士(薬学)。東北大学大学院薬学研究科教授、東北大学大学院医学系研究科教授(東北大学病院薬剤部長併任)、東北大学特任教授(病院経営担当)、広域仙台知的クラスターⅡ期事業総括兼研究統括を経て現職。東北大学戦略スタッフ、東北大学病院臨床研究倫理委員会委員、東北大学病院臨床研究推進センターシーズ評価委員会委員等を兼務。

ミッション

我が国における研究施策・研究推進体制・産学連携推進等の動向に関わる情報収集、並びに広域分野連携研究プロジェクトの企画、医工連携(ネットワーク形成)、企業連携体制構築支援等を担当。

研究者へのメッセージ

研究成果の国民への還元が大学に強く求められています。科学研究費に加え、グローバルな視点からの評価である他の競争的グラント獲得が必須であり、国の施策等の情報提供と将来を見据えた研究推進に貢献したいと思います。

佐々木 康 特任教授(客員)

経歴

東京大学工学研究科金属工学専攻博士課程修了、工学博士。専門は高温反応工学、反応速度論。Pennsylvania大学 Postdoctrial fellow, Newcastle大学 Research fellow, 日新製鋼主任研究員、北海道大学助手、東北大学助教授、POSTECH教授、UNSW客員教授を歴任。

ミッション

現在直面している経験したことがない多くの問題の解決には、国内外の研究機関や社会との連携が必要です。これら各組織、特に海外との連携や協力の推進・支援を進めます。

研究者へのメッセージ

これまで経験したことがない多くの問題を解決するには現在技術の修正・改良では無理で、根本的に新しい技術が必要です。過去にとらわれず、新たな分野の創出に挑戦することを期待します。

佐々木 保正 特任教授(客員)

経歴

東北大学大学院工学研究科化学工学専攻修士課程修了、工学修士。1968年昭和電株式会社川崎工場肥料製造部入社1989年同事業開発部HDプロジェクト、1997年同取締役エレクトロニクス事業本部工場長。2002年昭和電工エイチ・ディー株式会社代表取締役社長。2008年 昭和電工株式会社取締役、常任顧問。2010年同特別顧問、東北大学工学研究科非常勤講師を経て、現職。

ミッション

基盤研究、戦略的研究の充実に向けた研究推進施策の企画、立案。面談や個別相談を通じた若手研究者に対する支援・育成。50年後の将来を見据えたシナリオ作りを通じた後進育成。

研究者へのメッセージ

未来に向けて何をしなければならないのか、今こそ真剣に考えてください。先を見て答えを探すことが一番重要。50年先の構想を立てて、自ら変革し、若手を育成していくのが大学人の使命です!バシッ!。

足立 幸志 教授

機械機能創成専攻

橋爪 秀利 教授

量子エネルギー工学専攻

安藤 康夫 教授

応用物理学専攻

魚住 信之 教授

バイオ工学専攻

貝沼 亮介 教授

金属フロンティア工学専攻

前田 匡樹 教授

都市・建築学専攻

中田 俊彦 教授

技術社会システム専攻

青木 秀之 教授

技術部長/化学工学専攻

【関連部局選出委員】

橋本 浩一 教授

情報科学研究科

土屋 範芳 教授

環境科学研究科

永富 良一 教授

医工学研究科

寺田 賢二郎 教授

災害科学研究科

鈴木 高宏 教授

未来科学技術共同研究センター

池田 進 准教授

材料科学高等研究所

髙橋 真悟 特任准教授(運営)

情報知能システム研究センター

澤谷 邦男 特任教授(研究)

産学連携機構イノベーション戦略推進センター

【研究企画室会議オブザーバー】

大友 康博 研究企画室 特任准教授(客員)

仙台市 産業政策部 企業立地課

菅原 崇

公益財団法人みやぎ産業振興機構 産業育成支援部 地域連携推進課

竹村 正博

公益財団法人仙台市産業振興事業団 地域産業振興部 新事業推進課 ビジネス開発ディレクター

研究

研究