教員プロフィール:加藤 雅恒 准教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 応用物理学専攻
KATO, Masatsune
◎研究キーワード
超伝導 セラミックス ソフト化学合成 新物質開発
◎研究内容
物性物理・固体化学の視点から物質設計し、ソフト化学合成法を駆使して新しい高温超伝導物質を創製を目指している。ソフト化学合成法とは熱エネルギーの代わりに化学・電気エネルギーを利用して、通常の合成法では得られない物質を作製する方法である。常識を覆す新しい銅酸化物など数多くの超伝導物質の発見に成功してきた。昨年、超高圧下ながら室温超伝導が可能であることが実証された。実用化に最も近い銅酸化物の転移温度を室温に近づける研究を行うとともに、新しい高温超伝導の芽となる物質を探索している。
◎産学連携の可能性
超電導線材
◎代表的研究成果
T. Kajita, M. Kato, T. Suzuki, T. Itoh, T. Noji and Y. Koike, Jpn. J. Appl. Phys., 43 (2004), L1480-L1481
Y. Imai, M. Kato, Y. Takarabe, T. Noji and Y. Koike, Chem. Mater. 19 (2007) 3584-3585.
T. Takamatsu, M. Kato, T. Noji and Y. Koike, Appl. Phys. Express, 5 (2012), 073101(1-3).
更新日:2021/10/08
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ