教員プロフィール:武藤 泉 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻
MUTO, Izumi
◎研究キーワード
耐食性 防食技術 孔食 すき間腐食 異種金属接触腐食
◎研究内容
金属と水溶液の電気化学反応を分子・原子・電子レベルで理解し、金属材料の腐食劣化の防止と、高耐食化に役立てることを目的に研究を行っています。耐食合金や防食技術の開発、耐食性・防食性能の評価・解析技術の高度化を目指し、1) マイクロ・ナノスケールでの電気化学計測、2) 化学イメージングによる金属/水溶液界面の液性解析、3) プラズマや放電焼結を利用した高耐食化技術の探索、4)ケルビンフォース顕微鏡や原子間力顕微鏡による反応起点の解析を行っています。
研究アプローチ
研究アプローチ
◎産学連携の可能性
鉄鋼、非鉄金属、構造材料、輸送機器
◎代表的研究成果
Hiroshi Kakinuma, Izumi Muto, Yoshiyuki Oya, Takahiro Momii, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara, “Morphological Change and Open-circuit Potential of Single Metastable Pit on AA1050 Aluminum in NaCl Solution”, Journal of the Electrochemical Society, 168 (2021) 021504.
Mariko Kadowaki, Arkapol Saengdeejing, Izumi Muto, Ying Chen, Hiroyuki Masuda, Hideki Katayama, Takashi Doi, Kaori Kawano, Hideo Miura, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara, “First-principles analysis of the inhibitive effect of interstitial carbon on an active dissolution of martensitic steel”, Corrosion Science, 163 (2020) 108251.
Mariko Kadowaki, Izumi Muto, Hideki Katayama, Hiroyuki Masuda, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara, “Effectiveness of an intercritical heat-treatment on localized corrosion resistance at the microstructural boundaries of medium-carbon steels”, Corrosion Science 154 (2019) 159-177.
更新日:2021/10/26
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ