教員プロフィール:成島 尚之 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 材料システム工学専攻
NARUSHIMA, Takayuki
◎研究キーワード
生体材料 チタン合金 表面処理 抗菌性/抗ウイルス性 医療用デバイス
◎研究内容
超高齢社会に突入した我が国では,今後生体機能の低下や喪失に対応した生体機能再建用材料システムの高度化が期待されている。本分野では,チタン合金,NiTi,Co-Cr合金やMg合金などの生体用金属材料の表面・組成/組織制御を通した生体埋入デバイス(インプラント)の高機能化や耐久性向上に関する研究を展開している。生体環境下における金属系およびセラミックス系生体材料の表面・界面反応制御に関する基礎的研究とともに,抗ウイルス能・抗菌能と骨形成能を発現させる材料開発や表面創製,人工関節・ステント用材料開発などの応用研究を歯学研究科,加齢医学研究所と共同で行っている。
生体材料に関する研究概要
生体材料に関する研究概要
◎産学連携の可能性
チタンおよびチタン合金、Co-Cr合金、ステント用合金、抗菌性/抗ウイルス性材料
◎代表的研究成果
T. Ueda, N. Sato, R. Koizumi, K. Ueda, K. Ito, K. Ogasawara and T. Narushima, “Formation of carbon-added anatase-rich TiO2 layers on titanium and their antibacterial properties in visible light,” Dental Materials, 37 (2021) e37–e46. (Doi: 10.1016/j.dental.2020.10.009)
K. Ueki, S. Yanagihara, K. Ueda, M. Nakai, T. Nakano and T. Narushima, “Overcoming the strength-ductility trade-off by the combination of static recrystallization and low-temperature heat treatment in Co-Cr-W-Ni alloy for stent application,” Mat. Sci. Eng. A, 766 (2019) 138400 (11 pages). (Doi: 10.1016/j.msea.2019.138400)
K. Maeda, S. Suzuki, K. Ueda, T. Kitashima, Somesh Kr. Bhattacharya, R. Sahara and T. Narushima, “Experimental and theoretical study of the effect of Si addition on oxidative behavior of Ti-6Al-4V alloys,” J. Alloys Compd., 776 (2019) 519–528. (Doi: 10.1016/j.jallcom.2018.10.291)
更新日:2021/10/10
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ