教員プロフィール:山本 俊介 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 応用化学専攻
YAMAMOTO, Shunsuke
◎研究キーワード
導電性高分子 電気化学トランジスタ 神経模倣回路 バイオセンサ
◎研究内容
混合伝導性高分子PEDOT:PSSを用いて電気化学トランジスタ素子の作製し、動作機構の解析と神経模倣素子に向けた研究を進めてきた。これまでに膜へのイオン伝導性高分子添加によって神経模倣素子の応答速度を任意に制御する指針を提示してきた。また3Dプリントやインクジェットプリント等のデジタルプリント技術を用いた素子作製に取り組んできた。これらの研究は学理に基づいた神経模倣素子の設計・作製が可能にし、神経模倣素子を用いた脳型コンピュータの実現に寄与する。
◎産学連携の可能性
現在、1社と共同研究中
◎代表的研究成果
S. Yamamoto, G. G. Malliaras, ACS Appl. Electron. Mater., 2(7), 2224−2228 (2020).
S. Han, S. Yamamoto, A. G. Polyravas, G. G. Malliaras, Adv. Mater. 32, 2004790 (2020).
T. N. Mangoma, S. Yamamoto, G. G. Malliaras, R. Daly, Adv. Mater. Technol. 2020, 2000798 (2020).
更新日:2021/08/02
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ