教員プロフィール:柴田 陽生 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 電子工学専攻
SHIBATA, Yosei
◎研究キーワード
機能性有機デバイス 分子配向制御 液晶性材料 結晶構造解析 溶液塗布工程
◎研究内容
従来の電子デバイスの構成部材が有機材料に置き換わると、デバイスの柔軟性を利用した応用分野の拡張や、溶液塗布を駆使した製造技術の変革が期待されている。本研究では、有機材料の塗布工程で課題となる有機分子の秩序制御(分子配向制御)に対して、流動性を示しながらも自己組織化・配向能を有する液晶の特質を活用した研究を展開している。近年では、常温で流動性を示す液晶を溶媒とする結晶成長で、液晶の配向方位に応じて機能性有機材料の方位制御型単結晶を溶液から得ることに成功し、トランジスタ素子特性のばらつき抑制や偏光特性の実証を行った。
研究概要
研究概要
◎産学連携の可能性
有機電子材料
◎代表的研究成果
Y. Shibata et al., Adv. Electron. Mater. 3 (2017) 1700097.
Y. Shibata et al., J. Cryst. Growth., 492 (2018) pp. 119-123.
Y. Shibata et al. , J. Jpn. Appl. Phys. 60 (2021) 081001.
更新日:2021/10/09
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ