教員プロフィール:梅津 光央 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 バイオ工学専攻
UMETSU, Mitsuo
◎研究キーワード
タンパク質工学 進化分子工学 機械学習 抗体 酵素
◎研究内容
2018年にノーベル化学賞となった進化分子工学の発展により、設計せずとも、目的機能をもつタンパク質を創りだすことが可能になってきているが、アミノ酸配列が取りえる組み合わせ数(配列空間)の中から目的タンパク質を見つけだす確率は満足のいくものでない。我々は、機械学習を進化分子工学に利用することで、進化分子工学がもつ最も深刻な「配列空間問題」を解決し、確実に目的の機能へたどり着く技術を開発している。
◎産学連携の可能性
創薬、診断、酵素、食品
◎代表的研究成果
Y. Saito, et al., ACS Synthetic Biology, 7, 2014–2022 (2018)
H. Fujii, et al., Advanced Therapeutics, 1700031 (2018).
A. Sugiyama, et al., Scientific Reports, 7, 2862 (2017).
更新日:2021/10/08
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ