教員プロフィール:橋田 俊之 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 先端材料強度科学研究センター
HASHIDA, Toshiyuki
◎研究キーワード
材料強度学 カーボンナノチューブ 燃料電池 地熱エネルギー 複合材料
◎研究内容
準脆性材料(岩石,セラミックス,コンクリート等)におけるき裂進展微視過程の解明と破壊挙動の定量的予測法の開発;熱遮蔽皮膜や傾斜機能材料等のコーティング材料を対象としたレーザー照射熱衝撃試験法の提案および熱衝撃損傷マップに基づく耐熱衝撃性評価法の構築;繊維・ナノ材料を配合した複合材料の高靭化と高機能化のための設計・作製・評価ループの構築;能動型地熱抽出開発のための複雑き裂分布を考慮した断裂型貯留層の設計・評価モデル構築ならびに超臨界岩体貯留層形成法の提案.
◎産学連携の可能性
◎代表的研究成果
T. Hashida, V. C. Li, and H. Takahashi, New Development of the J-Based Fracture Testing Technique for Ceramic Matrix Composites, J. Am. Ceram. Soc., Vol. 77, No 6, (1994), 1553-1561.
Z. Jing, J.Willis-Richards, K. Watanabe and T. Hashida, A Three-dimensional Stochastic Rock Mechanics Model of Engineered Geothermal Systems in Fractured Crystalline Rock, J. of Geophysical Research, Vol. 105, No. B10, (2000-10), 23663-23679.
S. Fomin, V. Chugunov and T. Hashida, The effect of non-Fickian diffusion into surrounding rocks on contaminant transport in a fractured porous aquifer, Proceedings of Royal Society A, Vol. 461 (2005), 2923-2939.
更新日:2021/11/01
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ