教員プロフィール:アルワシャリ ハモード 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 都市・建築学専攻
Alwashali, Hamood
◎研究キーワード
建築構造 耐震診断 耐震補強 鉄筋コンクリート構造 組積造壁構造
◎研究内容
鉄筋コンクリート建築物の耐震性能を評価するための実用的で簡単な方法を提案し、地震で大きな被害をもたらす可能性のある欠陥を検討して、建築物の耐震性能を向上させるための持続可能で低コストの新しい方法を発明することです。研究では、試験体に地震力を加える実験的研究と、シミュレーション解析の両方を研究している。最初のプロジェクトでは、建物のヘルスモニタリングシステムを構築し、遠隔で加速度センサーを用いて地震による建物の安全性や損傷を研究している。
研究概要
研究概要
◎産学連携の可能性
後積み無補強組積造壁を有する鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価及び耐震補強に関する研究・開口を有するRC造耐震壁の耐震性能と補強に関する研究・木質CLT壁の耐震性能に関する研究 ・鉄筋コンクリート構造物の高精度で迅速な地震時被災度判定に関する研究
◎代表的研究成果
Alwashali, H., Maeda, M., Ogata, Y., Aizawa, N., Tsurugai, K.:Residual seismic performance of damaged reinforced concrete walls. Engineering Structures, 243, 112673. (2021)
Alwashali, H., Sen, D., Jin, K., Maeda, M.:Experimental investigation of influences of several parameters on seismic capacity of masonry infilled reinforced concrete frame. Engineering Structures, 189, pp.11-24, (2019)
Alwashali, H., Sen, D., Islam, S., Maeda M.:Experimental study of retrofitting masonry infilled RC frames by ferro-cement: An overlooked failure mechanism. コンクリート工学年次論文集, 42, 2, pp.883-888 (2020)
更新日:2021/10/24
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ