教員プロフィール:猪股 直生 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 機械機能創成専攻
INOMATA, Naoki
◎研究キーワード
MEMS 微細加工技術 センサ 細胞 生体信号
◎研究内容
計測対象は身体から細胞まで,信号強度は大きいものから極小のものまで,種類は温度,歪み,磁場,他,多種多様な生体信号が存在する.その中には高感度&高速応答のMEMSセンサでのみ得られる信号もある.生体や細胞の原理を明らかにすることを目指し,材料,システム,構造,新たな計測原理など様々な視点から生体信号センシングに関する研究を行っている.特に,マイクロナノ温度センサを用いた単一細胞の温度計測や,酵素反応の温度変化を用いた生体関連物質検出に関する研究を行っている.
◎産学連携の可能性
過去から現在まで数社と,生体関連物質検知用センサシステムの共同研究の経験あり.
◎代表的研究成果
N. Inomata, et al, Lab on a Chip, 16, 3597 (2016).
N. Inomata, et al, IEEE Sensors Letters, 3(5), 2501304 (2019)
N. Inomata, et al, Sensing and Bio-Sensing Research, 27, 100309 (2020).
更新日:2021/07/28
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ