教員プロフィール:角田 匡清 准教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 電子工学専攻
TSUNODA, Masakiyo
◎研究キーワード
スピントロニクス 磁性材料 スピン伝導 磁気記録 薄膜材料
◎研究内容
超高密度ハードディスクやSpin-RAMなどに応用されるスピントロニクス材料の開発とその物理解明を行っている。現在のデバイス特性を飛躍的に向上、あるいは新たな機能を発現する新奇薄膜材料の開発を目指し、逆ペロブスカイト型窒化物薄膜で従来の強磁性体にはない負のスピン分極電流を見出した。また160年前にケルビン卿が発見した異方性磁気抵抗効果のメカニズム解析を通じ、完全スピン分極(ハーフメタル性)が期待できるホイスラー合金の新たな材料(Co2MnGa)開発に成功した。
◎産学連携の可能性
電子材料
◎代表的研究成果
S. Kokado, M. Tsunoda, K. Harigaya, and A. Sakuma, J. Phys. Soc. Jpn. 81 (2012)024705., 81
Y. Komasaki, M. Tsunoda, S. Isogami, and M. Takahashi, J. Appl. Phys. 105 (2009) 07C928.
M.Tsunoda, Y.Tsuchiya, T.Hashimoto and M.Takahashi, J. Appl. Phys. 87 (2000) 4375-4388.
更新日:2021/10/08
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ