教員プロフィール:運上 茂樹 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 土木工学専攻
UNJOH, Shigeki
◎研究キーワード
地震工学 耐震工学 構造工学 橋梁構造
◎研究内容
長期にわたり様々な作用の影響を受ける構造物の安全かつ合理的な設計を実現するために必要とされる技術開発を進めている.地震動の影響など外的作用の定量的評価法,部材や構造物全体の損傷域を含む力学的挙動特性の解明とモデル化,そして,外的作用の影響を低減可能な新しい構造システムや高耐久性構造の開発などに関する研究を実施している.
◎産学連携の可能性
◎代表的研究成果
S. Unjoh, Seismic design practice in Japan, Bridge Engineering Handbook: Seismic Design, Second Edition, (2014), 661-704.
J. Gu and S. Unjoh, Image processing methodology for detecting delaminations using infrared thermography in CFRP-jacketed concrete members by infrared thermography, Composite Structures, (2021)
更新日:2021/10/21
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ