教員プロフィール:小野田 泰明 教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 都市・建築学専攻
ONODA, YASUAKI
◎研究キーワード
建築計画 都市計画 建築デザイン 復興 設計者選定
◎研究内容
建築が実現した後の実際の使われ方やそれらに対する評価のデータを統合することを通じて、設計条件に再構築するフィードバックする手法を「プレ・デザイン」という名称で提唱。それらの科学的な方法論を構築するため、実務と研究双方を国際的に展開。2011年3月11日以降は、被災地の復興プロジェクトのオーガナイザーとして貢献。個別の研究領域としては、孤独死を抑制する集合住宅の計画、公共施設における空間認知、復興における組織構築と発注に関する研究など。
東日本大震災復興計画への貢献/The Practical Works for Reconstruction from GEJE
東日本大震災復興計画への貢献/The Practical Works for Reconstruction from GEJE
◎産学連携の可能性
公物管理、復興、設計者・施工者選定
◎代表的研究成果
Y. Onoda, H. Tsukuda and S. Suzuki (2021), Behind the Scenes Process of Architecture Reconstruction and Community Revitalization after the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami, Kajima Institute Publishing Co., Ltd, 352 pages.
Y. Onoda, H. Tsukuda and S. Suzuki, Complexities and difficulties behind the implementation of reconstruction plans after the Great East Japan Earthquake and Tsunami of March 2011, Advances in Natural and Technological Hazards Research, 2018, pp. 3–20
Y. Onoda, M. Suzuki and H. Tsukuda, Relationships between Work-loads and Organizational Structure of Municipalities in Implementing Housing Reconstruction Program after Large-scale Disasters, Journal of Architecture and Planning, AIJ, Vol.86, No.781(2021), pp.849-858
更新日:2021/12/10
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ