教員プロフィール:高松 智寿 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 応用物理学専攻
TAKAMATSU, Tomohisa
◎研究キーワード
超伝導 熱電変換 ペルチェ冷却素子 機能性セラミックス材料 二次電池
◎研究内容
1. 水素化物を用いたCrSi2系熱電材料の高性能化とペルチェ冷却デバイスの開発 CrSi2は,優れた熱電特性を示し、安価で毒性が低いため、環境調和型熱電材料として有望である。本研究では、”水素化物LiH” の高い還元力を利用した還元拡散法により、従来よりも1.5倍も高い熱電特性を有するCrSi2の合成に成功した。 そして、このCrSi2を人工的に傾斜積層させた構造を作製することで非対角熱電効果が発現し、その結果、1種類の熱電材料のみでペルチェ冷却素子を構築することができる(図1)。熱流と電流の向きが垂直になるために熱ロスが少ない素子構造となり高い冷却性能が期待できる。 2. 水素を含む新しい熱電材料SrTiO3-xHxの創製 従来の熱電材料の高性能化の指針は、陽イオンの元素置換であるが、本研究では、陰イオンの酸素(O)を ”水素(H)” で部分置換した新しい酸水素化物熱電材料の創製を目指している(図3)。独自に開発した絶縁放電プラズマ焼結法により、水素を含有した高密度焼結体の作製に成功し、水素による低熱伝導率化の効果により熱電特性の向上を達成した。
研究概要
研究概要
◎産学連携の可能性
熱電変換,セラミックス材料
◎代表的研究成果
H. Hayato et al., J. Alloy. Compd, 851 (2021) 157967-1-157967-7.
T. Takamatsu et al., Appl. Phys Express,5 (2012) 073101-1-073101-3.
T. Takamatsu et al., Jpn. J. Appl. Phys, 49 (2010) 093101-1-093101-4.
更新日:2021/10/30
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ