教員プロフィール:長崎 陽 助教

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 電気エネルギーシステム専攻
NAGASAKI, YOH
◎研究キーワード
超電導 MRI 磁気シールド 電磁界解析 免震装置
◎研究内容
現在MRIには低温超電導マグネットが用いられているが、液体ヘリウムの価格高騰により液体窒素温度で運転可能な高温超電導マグネットの適用が望まれている。本研究では、脆弱な高温超電導テープ線材のMRI用マグネット適用にあたって問題となる通電時の電磁応力を低減するコイル構造の提案を行っている。 免震対象物への振動の伝達を完全に除去するシステムとして、超電導バルク体を用いた磁気浮上型超電導免震装置の研究開発を行っている。高温超電導バルク体と永久磁石レールで構成され,免震対象物を磁気浮上させることで任意の水平方向振動伝達の除去を可能とする。
研究概要
研究概要
◎産学連携の可能性
◎代表的研究成果
Y. Nagasaki et al., IEEE. Trans. Appl. Supercond., 31 (2021), 8400405.
Y. Nagasaki et al., IEEE. Trans. Appl. Supercond., 30 (2020), 4401006.
長﨑陽 他, 低温工学, 55, (2020), 117-124.
更新日:2021/10/11
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ