• HOME
  • ニュース
  • 受賞
  • 工藤康大さん(化学・バイオ工学科4年)が第65回全東北ピアノコンクールで第1位入賞並びに文部科学大臣賞を受賞

工藤康大さん(化学・バイオ工学科4年)が第65回全東北ピアノコンクールで第1位入賞並びに文部科学大臣賞を受賞

2021/06/28

6月20日に仙台市宮城野区文化センターで行われた第65回全東北ピアノコンクールの本選で、工学部化学・バイオ工学科4年の工藤康大さんが第1位に入賞並びに文部科学大臣賞を受賞しました。

本選には、5月9日の予選で勝ち抜いた7人が進みました。工藤さんは、課題曲(ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンのピアノソナタから1曲、ショパン、シューマン、リスト、ブラームスの作品から1曲)から『ハイドン/ピアノソナタ ヘ長調 Hob.XVI23』と『リスト/「2つの伝説」より 第2曲 水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ』を演奏し、見事、栄冠を手にしました。

工藤さんは、第22回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 全国大会 大学生部門で金賞に輝き、今年1月に行われたアジア大会で銅賞を受賞しています。

第65回全東北ピアノコンクールの本選の様子は、7月31日午後7時から、東北放送ラジオで放送される予定です。


第65回全東北ピアノコンクールの本選で演奏する工藤さん
©東北放送

工学研究科・工学部のある青葉山キャンパスでは、「青葉山コンサート」を開催しています。工藤さんは、たびたび出演されており、その演奏で聴衆を魅了しました。

コロナ禍の影響でコンサートの開催は見合わせていますが、いまも勉学や研究の合間に、キャンパス内のグランドピアノ(2016年3月、機械系同窓会より寄贈。青葉記念会館に設置。)で練習する工藤さんの姿が見られます。

全東北ピアノコンクール
音楽文化の普及向上と才能ある若手ピアニストの発掘及び育成を目的に、1957年に発足した。半世紀を超える歴史の中で、これまで日本を代表する名ピアニストを幾人も輩出している。

(「第65回全東北ピアノコンクール」ホームページより引用)

お問合せ先

東北大学工学研究科・工学部 情報広報室
TEL:022-795-5898
E-mail:eng-pr@grp.tohoku.ac.jp
ニュース

ニュース

ページの先頭へ