教員プロフィール:小原 良和 准教授

 

教員プロフィール

◎大学院工学研究科 材料システム工学専攻
OHARA, Yoshikazu
◎研究キーワード
非破壊評価 超音波フェーズドアレイ 非線形超音波 レーザ計測 波動伝搬シミュレーション
◎研究内容
脱炭素社会に向けた構造物の長寿命化や製造材料・工業製品の高信頼化、Society5.0のディジタルツインの実現にとって、ものを壊さずに内部をセンシングする「非破壊計測技術」の高精度化は最重要課題です。従来法の計測限界を打破するため、最先端の超音波計測技術(フェーズドアレイ、非線形超音波、レーザ走査など)を駆使して、密着した欠陥(閉じたき裂)の映像法や複雑き裂の高分解能3D映像法などを開発しています。また、金属材料のき裂だけでなく、不完全接合部、クリープボイド、さらには複合材料やコンクリートなど高減衰材内部の検査法の開発にも取り組んでいます。
研究概要
研究概要
◎産学連携の可能性
鉄鋼・重工・電力・自動車・航空宇宙・建設
◎代表的研究成果
Y. Ohara, et al., Appl. Phys. Lett., 117 (2020), 111902-1-5.
Y. Ohara, et al., J. Acoust. Soc. Am., 146 (2019), 266-277.
Y. Ohara, et al., NDT&E Int., 108 (2019), 102170-1-10.
更新日:2021/10/08
データ更新はこちら から
研究

研究

ページの先頭へ