新型コロナウイルス感染症への工学研究科・工学部の対応

2022/10/31

※表示を最新の状態にするため、毎回更新ボタンを押してください

東北大学の行動指針は現在  Level 1     活動制限表(5.23 発令)

工学部・工学研究科の学生諸君へ
~新型コロナウイルスへの感染防止対策を徹底しつつ、体調管理をしっかり行い、有意義なキャンパス活動をしていきましょう~

工学研究科・工学部における各活動の行動指針は以下の通りです。

(工学部・工学研究科以外の方々は、所属される研究室の指導教員、部局長(環境科学研究科長、医工学研究科長、情報科学研究科長、各研究所長等)の指示に従ってください。)

授業
<専門科目>
  • 令和4年度後期は、十分な感染防止対策を施したうえで、対面を中心とした授業を実施します。また、メディア授業などオンラインで実施する科目もあります。各自、履修したい科目の情報を Google Classroom で確認するようにしてください。(情報は随時更新)

授業実施方法, オンライン授業の受け方について
3.ネットワーク環境が不十分な学生への対応

研究活動 研究室の責任者の管理の下、感染拡大につながる行動を伴わないことを条件に研究を実施します。
課外活動 青葉山体育館および青葉山グラウンドについて (令和4年5月23日(月)~) 
就職活動・インターンシップ等 十分な感染防止対策を踏まえた上で、研究室の責任者の了解を得ている場合には許可します。
5. 就職活動、インターンシップ等による移動について
アルバイト 「3密」環境となるアルバイトには、引き続き従事しないでください。特に飲食業については、感染につながる場合も見られますので、十分注意してください。
食事会、会合等 イベント等への参加は、避けられるのであれば取りやめてください。もし参加する場合、「3密」を回避しているか、十分な感染予防対策がなされているか、マスク着用がなされているか等を確認し、不十分だと判断した場合は取りやめる対応をお願いします。

詳細

1. 健康管理と毎日の行動記録の徹底

体温測定と健康管理に注意、換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所、間近で会話や発声をする密接場面の、いわゆる「3密」を回避し、健康な生活を送りましょう。

  • 健康管理の徹底 (健康観察記録票 に毎日の体温と状況を記録してください)
    毎日の検温、少しでも異常を感じる場合は自宅待機の徹底
  • 接触追跡の記録と緊急連絡体制の構築
    トレーサビリティーの確保(日々の行動の記録をつける。何時、何処で、誰と、どのように接触したか、概略を説明できるようにしておく。)
  • 人との接触を極力避けることは感染拡大防止にとって有用です。3密状態の飲食店やカラオケボックス等への出入りを避け、自宅等においても友人同士等の会食は自粛してください。談話をする際は換気やマスク着用など対策をお願いします。また、3密を伴うアルバイト等は、引き続き慎むようお願いします。

2. 体調不良時、陽性時、感染者との接触の疑いのある場合の対応

  • 下記の場合は報告が必要です。
それぞれ対応するフォームより報告してください。 東北大学から濃厚接触者の疑いがあると連絡があった場合は、工学部・工学研究科新型コロナウイルス対策本部で把握していますので、本報告は不要です。
  • コロナ感染に関連して不安のある方、報告フォームについて質問のある方は、工学部・工学研究科新型コロナウイルス対策本部(eng-covid19@grp.tohoku.ac.jp)までお問い合わせください。

3. ネットワーク環境が不十分な学生への対応

4. 行動指針に応じた研究活動について

東北大学BCPレベル に応じた対応をお願いします。
研究教育活動・行事はできるだけテレワークで実施しますが、必要に応じて対面での研究指導を行うことがあります。その際は、長時間にわたる密接な指導は避け、万が一の感染疑いの場合に備え、各自が後に対面者氏名や面談時間をトレースできるように留意します。
研究室の責任者の管理の下、感染拡大につながる行動を伴わないことを条件に、研究を実施します。
研究を行うメンバーの「3密」を避けつつ研究室運営を行います。

5. 就職活動、インターンシップ等による移動について

就職活動、インターンシップ等による移動は、十分な感染防止対策を踏まえた上で、研究室責任者の了解を得てください。

就職担当者連絡先
就職活動等の移動時の注意事項

6. 一人で不安を抱えないように・・・アドバイザー教員に相談してください。

本学としては、大学生活が平常に戻るまでの間、皆さんが慣れない新しい住環境でお一人での生活を強いられることを少し心配しています。しかしながら、学部新入生一人一人に、それぞれの所属学科において相談をすることのできるアドバイザー教員が配置されていますので、インターネットやメール等で定期的に情報交換を行うことができます。学生生活や将来の進路等、話題は何でも結構ですので、積極的にコミュニケーションを取り、一人で不安を抱えないようにアドバイザー教員とのつながりを大切にしてください。他大学から工学研究科に編入学された方は、是非、配属先研究室の指導教員や所属学生と、インターネットやメール等で定期的に情報交換することをお勧めいたします。

7. 学生支援室/カウンセリングルームについて

なにか悩みごとがあれば、学生支援室やカウンセリングルームへご相談ください 工学部として学生相談体制をととのえていますので、何か不安なこと、悩みごとがあればご利用ください。

工学部の学生相談体制について
<参考> 川内キャンパスの学生相談体制について

手続き、施設利用等の更新情報

2022.10.25
更新
「令和4年度秋季胸部X線検診」の実施について
2022年秋季胸部X線検診(11月)
2022 Fall Chest X-rays (November)
胸部X線検査を受けるにあたって / Instructions for undergoing chest x-rays
2022.5.23
更新
青葉山体育館 / 青葉山グラウンドについて
詳細 R4.5月
2022.4.15
更新
東北大学ピアサポーター制度について
【随時更新】
本学の対応についてはこちらのページで随時更新されます

これまでの通知

ページの先頭へ