工学研究科・工学部が取り扱う各種保険

学生の方へ|共通

工学研究科・工学部が取り扱う各種保険

学生教育研究災害傷害保険(学研災)・学生教育研究賠償責任保険(学研賠)

工学部・工学研究科においては、学生の皆さんが安心して学生生活を送ることができるよう、「学研災」及び「学研賠」には全員必ず加入としております。未加入の方は下記要領に従い、至急加入の手続きを行ってください

学研災(学生教育研究災害傷害保険)とは?

※「通学中等傷害危険担保特約」を含む。

正課中、学校行事中、学校施設内にいる間、課外活動(クラブ活動)中、通学中、学校施設等相互移動中の事故に対して給付を行う保険です。

【参考URL】
【保険金の種類と金額】
  死亡保険金 後遺障害保険金 医療保険金 入院加算金
正課中、学校行事中 2,000万円 120万円~3,000万円 治療日数1日以上
3,000円~30万円
入院日額:4,000円
(1日目から)
入院限度:180日
通学中・学校施設等
相互間の移動中
1,000万円 60万円~1,500万円 治療日数4日以上
6,000円~30万円
上記以外で学校施設内
にいる間・学校施設外
での課外活動(クラブ活動)
1,000万円 60万円~1,500万円 治療日数14日以上
3万円~30万円

学研賠(学生教育研究賠償責任保険)とは?

正課中、学校行事中、課外活動中(注 「課外活動」の定義に注意。下記URLより必ず確認のこと。) 又はその往復で他人にケガを負わせたり、他人の財物を損壊した事により被る法律上の損害賠償を補償する保険です。

【補償金額】

対人賠償と対物賠償合わせて1事故につき1億円限度(被保険者1名かつ1年あたり)

【参考URL】
  • ※学研災・学研賠に加入しているかどうか分からない方は、教務課学生支援係(電話:022-795-5822)または所属する学科・専攻事務室教務係に問い合わせてください。
  • ※すでに「インターン賠」に加入している方でも、改めて「学研賠」に加入が必要です。
  • ほかの傷害保険や賠償責任保険に加入している場合でも、学研災・学研賠には必ず加入してください。ただし、「付帯学総」に加入済みの場合は、学研賠に加入する必要はありません。
  • ※JYPE、COLABS(受入れ)、DEEP及びIMAC-Uの留学生は加入不要です。(入学時に加入済みのため。)

加入方法

払込取扱票で申し込んでください。

  1. 払込取扱票は学生支援係、各系事務室教務係及び(学部生用のみ)川内北キャンパス管理棟1 階4番窓口にあります。学部生は「学部生用」の、大学院生は「大学院生用」の払込取扱票を貰ってください。
  2. 学研災・学研賠ともに、保険期間は現課程卒業(修了)までの期間です。
    保険期間の例:
    学部2年生 →3年分支払う。
    進学予定の学部4年生 →1年分支払い、修士進学時に2年分支払う。
    修業年限を超えて在籍する場合 →修業年限を超えた時点で1年分支払う。
  3. 保険料は下記表を参照し、記入してください。
    保険金額欄 →学研災と学研賠の合計金額を記入。(例:学部1年生の場合 →4,660円)
     
  4. 保険料は、郵便局か川内北キャンパス管理棟1階3番窓口で納めることができます。払込翌日が保険の契約開始日となります。
  5. 学研賠は学研災に加入している者のみ加入できます。学研賠の単独加入は不可です
加入区分 保険期間 ※学研災 学研賠 合計
学部4年生・MC2年生・
DC3年生・修業年限超過者
1年間 1,000円 340円 1,340円
学部3年生・MC1年生・DC2年生 2年間 1,750円 680円 2,430円
学部2年生・DC1年生 3年間 2,600円 1,020円 3,620円
学部1年生 4年間 3,300円 1,360円 4,660円

※「学研災」には通学中傷害危険担保特約(本学の学研災加入者は加入必須)の保険料を含みます。

先頭へ戻る

施設賠償責任保険

工学研究科・工学部の同窓組織である青葉工業会は、学生等が利用する施設で、学生等が学術研究、実習の遂行に起因する事故により被った身体の障害(死亡を含む。)又は財物の滅失、毀損等について法律上の損害賠償責任を担当教職員が負担する場合の補填として、保険会社と「施設賠償責任保険」の加入契約を行っております。

保険の対象

工学部・工学研究科、情報科学研究科、環境科学研究科、医工学研究科所属の教職員

保険金の支払額
  • 対人賠償:1名1億円(1事故5億円)
  • 対物賠償:1事故1億円

ただし、損害賠償の発生による教職員の責任分担分から、学生教育研究災害傷害保険支払い分を除いた金額とします。

保険に関する連絡先

工学部・工学研究科教務課学生支援係(内線:5822)

【参考】大学生協で取り扱っている保険

大学生協が取り扱っている保険として、学生総合共済(生命保険・火災保険)、学生賠償責任保険、扶養者死亡保障保険、学業継続費用保険等保険があります。加入については東北大学生協へお問い合わせください。

【参考】万一に備えて、海外旅行保険に加入しましょう!

学生の皆さんの中には、留学、学会や国際会議への出席などで、しばしば海外に行かれる方も多いことでしょう。

万一海外で病気や怪我で病院にかかった場合、海外では医療費が高額であることに加え、救急車が有料であったりします。さらには家族を海外の入院先に呼びよせたり、チャーター機で日本へ搬送されたりすると、支払う医療費が大変な高額になることがあります

日本における現在の社会保険制度では、海外での医療費について社会保険が効きます。しかし、社会保険から支払われる海外医療費は、日本で治療を受けた場合の医療費の水準で算定されるため、例えば、医療費が日本と比べてはるかに高額になる国においては、その差額を自己負担で支払わなければならず、その負担額が大変な高額となることがあります。

そこで、海外旅行者にとって必要不可欠となるのが「海外旅行保険」です。海外旅行保険は、旅行者が病気や怪我のために支払った医療費を補償するものです。突然の事故や病気はいつ襲ってくるか分かりません。万一の事態に備えて、海外に旅行する場合は、必ず海外旅行保険に加入するようにしてください

海外で病気や事故に遭った場合の費用については、下記に詳しく掲載されておりますので、参考にしてください。

【注意】
  1. 本学部・研究科が主催する企画に係る一部の旅行(現在は「創造工学研修」及び「学生国際工学研修」)に対しては、本学部・研究科が包括契約で海外旅行保険加入しておりますが、それ以外の旅行については必ず各自で保険加入して下さい
  2. 学生教育研究災害傷害保険(学研災)は疾病には不適用であり、負傷に対しても当保険の適用条件が限られているため、その観点からも海外旅行者は海外旅行保険に別途加入が必要となります。
  3. クレジットカード付帯保険を含め、海外旅行保険には高額な医療費に対応できないものがあるので、保険に加入前には必ず補償内容を確認しましょう
  4. 持病を有する方は、保険に加入できない、もしくは加入できても持病の発症に対して補償されない場合がほとんどです。しかし、中には持病に対応する保険もありますので、該当する方は持病対応の保険への加入をお勧めします
  5. 海外旅行保険は病気や怪我の補償のほか、ほとんどの場合、死亡、後遺障害、賠償責任等への補償にも対応しています。また一部に携行品の損害を補償する保険もあります。
在学生の方へ

在学生の方へ