キャンパス今・昔(12)

卒業生の方へ

キャンパス今・昔(12)

片平キャンパス 本部棟

東北大学全体の総務、教務および財務、施設などを担う本部事務機構は片平キャンパスの「東北大学本部棟」の中にあります。

現在「東北大学本部棟」と呼ばれている建物は、もともと、昭和2年竣工の旧理学部化学科の建物と昭和32年から昭和40年の間に竣工された多元物質科学研究所反応化学研究棟(反応化学研究所)の建物でした。

理学部化学科の建物は、理学部化学科が青葉山へ移転してからは恐竜標本などの保管庫となっていましたが、平成16年に改修されました。改修後も外観、玄関ホールや階段には以前の様相が残されています。多元物質科学研究所反応化学研究棟も改修を経て、平成21年2月から本部事務機構として利用されています。


  • 理学部化学教室(1935年撮影)(写真提供:東北大学資料館)

  • 現在の東北大学本部棟、1935年頃から外観にはほとんど変わりがないことがよくわかります

本部事務機構の一部が平成16年まで利用していた建物は取り壊され、現在はその跡地にエクステンション教育研究棟があります。


  • 東北大学事務局等(1957年頃撮影)(写真提供:東北大学資料館)

  • 事務局会議室にて(1963年5月撮影)(写真提供:東北大学資料館)

  • エクステンション棟

こちらから片平キャンパスの様子をドローンで撮影した動画を見ることができます。ぜひご覧ください。

キャンパス今・昔
卒業生の方へ

卒業生の方へ